見た目も綺麗で機能性も期待できる屋上緑化

屋上緑化なら楽しみながら防音対策ができる

建物には、防音や断熱など様々な対策がされています。その中でも、視覚的にも美しく建物に快適さを与えてくれると評判なのが屋上緑化です。屋上や屋根に植物を植えて緑化すると、断熱性や防音性だけでなく景観の向上も望めます。特に都心で問題視されている、ヒートアイランド現象の対策としても注目を集めています。畑として利用すれば、住民が家庭菜園などを楽しむことも可能です。

屋上緑化したい時の注意点とは

様々な魅力がある屋上緑化ですが、実際に利用する際は注意点も必要です。まず、植物を育てるために水を使いますから防水対策はしっかりしておきましょう。ポリ塩化ビニルシートや金属防水などで施工しておく必要があります。植物が根腐れを起こさないように、水捌けもできるように水路についても考えておく必要があります。屋根や屋上に植物を植えるなら、総重量についても注意が必要です。軽そうに見える芝生も土の分と合わせると、それなりの重さになります。専門業者に相談して、軽量化することが大切です。

どのような植物が向いているか

屋上緑化を行う際には、植える植物の種類も適したものを選ぶ必要があります。比較的多く利用されているのが、潅水を必要としないメキシコマンネングサです。ただし、冷却効果はあまり望めないので暑い地方ではお勧めできません。比較的簡単に用いられているのは、軽くて値段も安い芝です。花壇苗をマット化した花マットも見た目の美しいことから人気を集めています。植物を選ぶ際には、地域の気候に合わせる必要があるので必ず専門家に相談することが大切です。

屋上緑化とは、マンションやビルなどの建物の屋上や屋根に断熱や景観向上のために植物を植えて緑化することです。