東京都の多摩エリアを旅行した際のおすすめ土産

梅の郷・青梅の定番土産について

東京都というと、東部の23区内に人気観光スポットが集中しているイメージをもたれがちですが、実はそんなことはありません。中央部・西部の三多摩地域(北多摩・西多摩・南多摩)にも素晴らしい場所がたくさんあり、それらの人気観光地にも定番土産が多数あります。例えば、JR青梅線にて新宿からスムーズにアクセスできる青梅市は梅郷で有名な場所で、梅に関連する和菓子や飲み物や梅干しなどが土産として人気です。

日野市の高幡不動における土産

中央線において立川と八王子の中間に位置する日野市は、国民の間でカリスマ的人気を誇る幕末騎士の故郷です。そして、その人物に関するスポットや、銅像が建てられている「高幡不動尊」には高い人気があります。この高幡不動尊付近の土産店では彼にまつわる土産物が色々と販売されており、歴史好きの人に買っていくお土産としておすすめです。

高尾山に関する土産物

八王子西部の標高約600mの高尾山は、登山口まで電車でアクセスできるほか、山の中に多数の観光スポットがあるため人気です。こちらにも定番土産が多数存在し、高尾山こけし・ご当地味噌・まんじゅう、また山頂付近の寺院で買える健康茶など幅広い土産物を買う事ができます。

23区から近い吉祥寺付近の土産物

都心から気軽にアクセスできる吉祥寺エリアには、国民的人気を誇るアニメ制作会社に関連する美術館があり、2001年のオープン以来、来場者が絶えません。こちらの施設は子供が喜びそうなキャラクター関連の土産物を色々と販売しており、大概の商品の価格が安いのでたくさん買ってもあまりお金がかかりません。

東京土産といえば、独特の形状を持つカンパネラです。波打つような美しい見た目、洗練された包装デザイン、そしてチョコ好きならたまらない味わいにより、今や定番土産の仲間入りを果たしています。