知っておきたい壁面緑化のメリットとデメリット

壁面緑化とはどういうもの?

壁面緑化とは、文字通り家の外壁を緑の植物で覆うことです。緑で覆うというと一面ツタで覆われた古い洋館のイメージがありますが、屋上などから下に垂れる性質のある植物を垂らしたり、植物の埋め込まれたパネルを貼り付けることもあります。また、夏季だけ日よけのために、壁の近くにニガウリや朝顔などを植えることも含まれます。

壁面緑化のメリットとは?

壁面緑化のメリットとしてまず言われているのが、都市部でのヒートアイランド現象を緩和する効果です。植物には空気をきれいにする効果もあるので、壁面緑化を推奨して補助金を出している自治体もあります。

周辺だけでなく、建物自体の温度環境をよくする効果も期待できます。室内を夏涼しく冬に暖かい状態にすることができるため、空調費の節約につながります。また、直射日光や風雨から建物を守る働きもあります。

緑色には人をリラックスさせる効果もあり、ニガウリなどは収穫の喜びというおまけもつきます。

壁面緑化のデメリットとは?

デメリットの一つは、初期費用がかかることです。ゴーヤや朝顔などは、植物自体もツルを這わせるネットもリーズナブルなものを選ぶことができますが、通年で全面を覆うような緑化は、ネットやワイヤーの設置費用がかかったり、場合によっては建物の強度を増さなければならないこともあります。

次に植物は生き物なので、世話をしなければならないということがあります。植物の種類によりかかる手間は変わってきますが、水やりや害虫対策、落ち葉対策などが必要です。また、伸びすぎたりところを切ったり部分的に枯れてしまったところの処置をしたりするときも、高所だと自分ではできず業者に依頼しなければならないこともあります。

殺伐とした都会のなかでも、ご自宅を壁面緑化すれば緑のなかで暮らすことができます。心休まる暮らしにはやはり緑が欠かせませんよね。